よく考え行動する子ども

よく考え行動する子ども

確かな学力につながる言葉の獲得や探求する力,表現する力を育てる。

 

・興味や関心をもったことに主体的にかかわったり,そのことを遊びに取り入れたりする。

 

・自分の考えを相手にわかるように伝えたり,友達や保育教諭の話に関心を持って進んで聞いたりする。

 

・経験したことを取り入れたり,身近な物や用具などの性質や仕組みを生かしたりして遊びや課題に取り組む。

シール遊び「美味しいいちご出来るかな」
廃材遊び「自分だけのピタゴラスイッチ作るぞ」
魚釣り「何匹釣れるかな」